「ピンカートン」

Pinkerton
 
こちらの商品は【完売】となりました。
 

ピンカートン

 

収穫12月〜

ピンカートンはひょうたんの様な形で、種は比較的小さめの品種です。
油分は多く、クリーミーでねっとりとした食感が味わえます。
またクセが少なく、ほんのりと甘みも感じられます。
ヘタ側よりおしり側の方が油分を多く感じます。
 
皮はやや厚く、手で簡単に剥けます。
食べ頃になっても皮は基本的に深緑色のままですが、部分的に黒っぽい色になる場合もあります。
食べ頃になってくると皮にシワができ、ヘタ側おしり側ともに全体的にしっかりと柔らかくなったら食べ頃です。
味・種・皮と三拍子揃った優秀な品種です。 
 
食べ頃例「ピンカートン」

 


樹上でギリギリまで成熟

 

樹でギリギリまで成熟させてから収穫すると、品種によっては種が収縮して実と種の間に隙間が出来る事があります。
その場合、半分にカットすると種の茶色い薄皮が果肉にくっついたり色が少し移ったりする事がありますが、手やスプーンなどで簡単に取り除けます。
また皮のおしり側に小ヒビが入る事もあります。
常温で追熟して食べ頃になると、その付近の皮が黒っぽくなりますが果肉にはほとんど影響がありません。

 


保存方法と食べ頃

・商品到着後はフタを開けた状態で、必ず常温で保存して下さい。
・保存の際の暖かい部屋でお願いいたします。室温は5〜27℃の範囲です。
 (室温が高い方が早く食べ頃になります。)
・へたが少し浮いたり触ると簡単に取れる状態になり、アボカドが全体的に柔らかくなったら食べ頃です。
   (熟して柔らかくなった桃やイチジクの様なイメージです)
・手で全体を強く押してしまうと痛んでしまうので、強めに確認する場合はへた付近で確認するのをオススメします。
 (痛んでも後でカットしやすい為)
・収穫から食べ頃になるまで現在10〜15日間くらいです。
 (室温や環境によって前後しますので、柔らかくなったかで判断して下さい)
・食べ頃になったアボカドは、新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存すれば2、3日は充分に持ちます。
 (あまり長期保存はしないで下さい。)
 
※オススメではありませんが、万が一、半分にカットした際に果肉が硬すぎた場合、ぴったりと元通りにくっつけてラップをし、再び柔らかくなるまで常温保存して下さい。
 (この方法は若干品質が落ちたり、傷みが生じる場合があります。)


【抽選販売】
雪国アボカド 
「ピンカートン」
約1kg  送料無料
(3〜5玉入)

¥5,000  (税込¥5,400)

ピンカートン
*この商品は【抽選販売】となります。 
*玉数の指定は出来ません。