せきね農園について

農園紹介

せきね農園について

農園紹介


 
 
 

中ノ口川と信濃川に
挟まれた肥沃な大地。

新潟市南区(旧白根市)


せきね農園は新潟市南区(旧白根市)で9代続く農家です。
旧白根市は信濃川と中ノ口川に挟まれた地形で、
二つの川から運ばれて堆積した肥沃な土壌が広がり、
昔から稲作や果樹や野菜など、様々な農業の盛んな地域です。
 
※300年の伝統を誇る「白根大凧合戦」が有名です。



 
 
 

大切に受け継ぐものと
伝統にとらわれない挑戦。

守る農業と攻める農業


せきね農園は代々地域にならった稲作と果樹栽培をしてきました。
しかし新潟の雪深い冬は農家にとって深刻な問題です。
そこで「冬でも出来る農業を」と約40年前にひらたけ栽培を始め、
これによって一年中農作業が出来る様になりました。
受け継いだ作物を大切に育てつつ、新しい試みを。
 
そして「雪国アボカド」。 
せきね農園の新たなる挑戦が今、始まりました。

 

土へのこだわり。

菌床で作った自家製堆肥 

 

 
安心安全は当たり前の時代。
その当たり前の中で、いかに品質良く美味しい物を作るか。
 
最良の堆肥とも言われるきのこの菌床を使った自家製堆肥を、
約40年もの間、田畑に大量投入し続けてきました。
ひらたけ栽培をしているからこそ出来る最高の土作り。
土が柔らかくフカフカになる事で作物は より元気に育ち、
さらに美味しい実りを与えてくれます。
作物本来が持つ奥深い味わいを是非ご賞味下さい。

*ご注意
せきね農園は観光農園ではありませんので、
観光や見学、直売などは基本的に行っておりません。
申し訳ありませんがご購入の際は、
当園ホームページよりお願い致します。