雪国アボカド品種

栽培品種の特徴

雪国アボカドの品種紹介

せきね農園で栽培している様々な品種の
特徴などを紹介します。
*個人的な見解が含まれています。
 

カビラキイロ

 

収穫9月〜

カビラキイロは石垣島の川平で栽培されている品種です。
油分はあっさりめですが、みずみずしくつるんとした食感です。
またクセが少なく、ほんのりと甘みも感じられます。
果肉はやや黄色です。
食べ頃になると果肉に繊維が出やすいですが、食べるとそれほど気になりません。
 
皮の厚さ:薄い(手でも剥けやすい)
皮の色 :黄緑(食べ頃はさらに黄色くなり部分的に茶色)
種サイズ:大きい
 


ベーコン

 

収穫10月〜

ベーコンは国産アボカドの代表とも言える品種です。
油分はややあっさりめですが、なめらかでクリーミーな食感です。
またほんのりと甘みも感じられます。
樹上でギリギリまで成熟させると、皮のお尻側に小ヒビが入る事があります。
 
皮の厚さ:非常に薄い(手で剥ける、またはピーラー等で)
皮の色 :濃緑(食べ頃も濃緑で部分的に黒茶色)
種サイズ:大きい
 


ズタノ

 

収穫10月〜

ズタノは雫型〜丸型と、形が一個一個違ったりします。
油分はややあっさりめですが、みずみずしくなめらかな食感です。
またアボカド特有の風味が強いのも特徴です。
樹上でギリギリまで成熟させると、皮のお尻側に小ヒビが入る事があります。
 
皮の厚さ:非常に薄い(手で剥ける、またはピーラー等で)
皮の色 :緑(食べ頃も緑で部分的に黒茶色)
種サイズ:大きい