雪国アボカド取扱説明

保存方法や食べ頃など

お召し上がりいただくまでの保存方法

・商品到着後は箱を開けた状態で、食べ頃まで必ず常温で保存(追熟)して下さい。
・20度前後の室温が最適です。
 (27度以上や5度以下は避けて下さい。)
・シールが貼ってある面を上側にして保存して下さい。
 (シール側が先に柔らかくなるので、果実の重さで傷まない様にする為。)
・品種や温度環境によって差がありますが、数日〜1ヶ月で食べ頃になります。
 (同じ収穫日でも、食べ頃になるまで多少個体差があります。)


食べ頃の判断方法

 

食べ頃になるにつれ、皮の緑色がくすんだり、おしり側が部分的に黒っぽくなったりして、全体的にハリがなくなりシワになったりします。
食べ頃になっても緑色のままの品種と、全体が黒くなる品種があります。
 
ヘタと果実の間に隙間が出来てグラグラと取れそうになり、果実全体を触って柔らかくなっていれば食べ頃です。
(強く押すと傷みの原因となります。) 


その他

 

雪国アボカドは樹上でギリギリまで成熟させる為、品種によっては種が収縮して、種の茶色の薄皮が張り付いたり、果肉に色移りする場合がございます。
品質上問題ありませんが、色移りが気になる方はスプーンなどで削ぎ落として下さい。
 
食べ頃になったアボカドは、新聞紙に包み冷蔵庫の野菜室で数日保存出来ます。
長期保存はしないで下さい。
 
アボカドはヘタ側よりおしり側が先に柔らかくなりやすく、油分もおしり側の方が多く感じられます。
バランスよくお召し上がり頂くには、縦に切り分ける方法をオススメします。

 

アボカドは品種によって皮の厚さが違い、皮の剥き方も様々です。
【非常に薄い】
・ピーラーや包丁などで剥くのをオススメします。
【薄い】【普通】
・手で簡単に剥けます。剥きにくい場合はピーラーか包丁で。
【厚い】【非常に厚い】
・手で剥ける場合があります。剥きにくい場合は包丁で。
・大きめのスプーンなどで皮と果肉の間に滑り込ませて皮を離します。
 
*皮が厚い品種や非常に厚い品種には、皮のすぐ内側に細かい粒の様なものがある品種もございます。細かい粒の食感が気になる方は、厚めに果肉を残して皮を剥いて下さい。
 


商品にはこちらのページ内容の簡単な説明書を
同梱させていただきます。